Pocket

【名称】
ほぼ立体写真W(Almost Stereo Camera Wide) Ver.0.5
【概要】
アドエスで気楽に立体写真が撮れます。
見たものを見たままに保存できる感覚をお楽しみください。
アドエス以外のWM機でも動くかもしれません。
【開発環境】
NS Basic/CE version 7.0.4
Advanced/W-ZERO3[es]
【インストール/アンインストール方法】
(1)インストール
NS Basic/CEのランタイムが必要です。
NS Basic/CE Downloads(http://www.nsbasic.com/ce/support/downloads.html)からRuntimeFat.ppc.exeをActiveSyncインストール済みパソコンにダウンロード(W-ZERO3の場合)し実行してください。
ASCamW05.zipをW-ZEORO3に任意のファイル名でダウンロード後、解凍ツールで展開します。
ASCamW(ASCamW.nsb)をファイルエクスプローラーから実行すると起動します。
(2)アンインストール
ASCamW.nsbを削除します。
【操作方法】
(1)メッセージ表示後「OK」をクリックするとカメラアプリが起動します。
(2)(1)で表示されたメッセージに従ってカメラアプリの設定をしてください。
(3)対象物を中心にして写真を一枚撮ります。
(4)アドエスを少し右(交差法なら左)にずらし、対象物を中心にしてもう一枚写真を撮ります。
(5)カメラアプリを終了します。
(6)メッセージ表示後「OK」をクリックすると、撮った写真2枚が表示されます。
(7)本体の縦横切換ボタンで横にすると横長、縦にすると縦長の立体写真が表示されます。平行法(または交差法)で見ます。
(8)「Edit」で画像位置の微調整、「File」で保存、再撮影等のメニューを表示します。
(9)保存した立体視画像、及び撮影した元画像は本体メモリの\My Documents\マイ ピクチャに保存されます。特に立体視画像はBMP形式で保存されるため、1ファイル225kbあまりと容量が大きいため、溜めすぎに注意してください。
【取り扱い上の注意】
Advanced/W-ZERO3[es]以外の機種の場合、カメラアプリが起動しなかったり、撮った写真が表示されなかったりするかもしれません。
【修正履歴】
Ver.0.1
初期バージョン
Ver.0.2~0.4
TouchDiamond対応試行錯誤バージョン
Ver.0.5
TouchDiamond対応
縦、横立体写真作成可能に
【その他】
Advanced/W-ZERO3[es]で動作を確認しています。
ときしっくさんの協力でTouchDiamondで動作するようになりました。
当アプリはフリーウェアです。
もしよろしければご感想などいただけるとうれしいです。
インストールの仕方が面倒くさくて申し訳ありません。

One Thought on “ほぼ立体写真W(Almost Stereo Camera Wide) Ver.0.5(NS Basic/CE@AdvancedW-ZERO3[es])”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です