Pocket

5月に始まった頭痛が約1カ月半を経てやっと小康状態になりました。
6月に酸素発生器を購入して1月の間に使った回数は15回。使用感等を書いてみます。
酸素流量 5L 酸素濃度 92% 12L 42%
実際に出てるかどうかは、検証する術がなくわかりません(^^;
酸素出口は2つ付いていて、2つをジョイントするアダプターは別売のため、1つあたりの流量上限6Lしか試せていません。
発作時には一方の出口につないだ管を口に加えて、ゆっくりと深呼吸を繰り返します。何せ、5Lしかないため、相当ゆっくりな深呼吸になってしまいます。
で、頭痛に対する効果ですが・・・
初期の段階では、10分ほどで治まってくれるように思います。ただ2時間ほどで再発してしまいますが。巨大頭痛の兆候か余痛か判断つかず、点鼻薬をさしてしまうというのは避けることができそう。
本格的な頭痛の時にはおそらく、この酸素発生器だけで沈静化させるのは無理そう。ま、そこまで我慢しきれずに点鼻薬をさしてしまうため、検証できないんですが。ただ、頭痛に襲われる30分間、酸素吸入し続けていると、痛みが緩和されるような気がします。(みもだえるほどではなくなる)
と、効いてるようなそうでもないような、でも手放せない・・って感じです。値段が値段(私の購入金額は20万円弱)なので、こんなレビューで「よし、買おう」って方も現れないかと思いますが、参考になればと思います。
「安全のため合計流量10L以上でお使いください。」ということですので、5Lで使用することは自己責任になります。ま、群発頭痛に使うことそのものが自己責任ではありますが。
——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です