Pocket

時代のパソコンだからなのか、数年前に購入したVistaのCドライブは容量が大きくありません。
インストールするプログラムもマイドキュメントもDドライブに移して、かろうじて1割の空き容量を確保してきたんですがいよいよ足りなくなってきました。原因を探ってみると、娘のiPhoneのバックアップファイルであることが判明。1回3GBのが3つもできていました。これをDドライブに作成してくれるように設定しとかなければ、いくら容量をあけても食いつくされてしまいます。
iPhone、iPad のバックアップデータによるCドライブ容量圧迫の解消 – takuanyの戯言
http://d.hatena.ne.jp/takuany/20110530/1306708624
を参考にして対応することが出来ました。
使用したのは内部コマンドのmklink。別のところにあるファイルをそこにあるかのようにごまかすことができる命令で、別のところにあるファイルを実行するためのショートカットとは違います。
mklink /d リンク ターゲットフォルダ
これってLinuxでいうところのlnコマンドで、Linuxではとても重宝なコマンドだと思っていたのですが、Windowsにもあったとは気がつきませんでした。
——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です