Pocket

電子申告がいまいち浸透しなかったのは、カードリーダーが無いと出来ないからだったのは間違いないと思います。

カードリーダー自体は2千円程のものですが、年一回の申告以外に使い道のないものにお金を出すのはもったいないし、買ったところでパソコンにセットするのが大変そうと言うことで二の足を踏んでおられた方か多数であったでしょう。(実際大変ですし、リーダーは買ったけどクリアには至らなかったと言う方もおられるのではないかと)

そんな方に朗報です。来年の確定申告からカードなしで電子申告ができる方法(ID・パスワード方式)が発表されました。

e-Tax利用の簡便化の概要について

そのためには、本人が最寄りの税務署へ行ってID(利用者識別番号)とパスワードを発行してもらわないといけません。

早速、行ってきました。

職場の近くの税務署へ行ったら、そちらでも出来ると言うことで、受付表に住所と名前を書いてからしばらく待つとパソコンのところへ案内されました。

パソコン画面に、住所、氏名、職業、利用者識別番号(私はすでに発行済みのため)などを入力して、パスワードの再発行のチェックは外して窓口担当の方へ。

税務署の方にマイナンバーカードを見せて確認のパスワードを入れてもらうと画面に、

「税務代理の付与された利用者識別番号のためID・パスワード方式の届出は出来ません」というような内容のメッセージ。

「税理士は出来ないんですね(^^;」

自分で使うというより、人に勧めるのに体験しとかなきゃということで行ってきたのですが、門前払いを喰らわず全て体験させていただいて良かったです。発行はされませんでしたが。

税務署も発行に慣れてきたら5分ほどで発行してもらえると思いますので、電子申告をしたことのない方は、ぜひ会社の近所の税務署に昼休みにでもちょっと行ってきてみられることをお勧めします。

電子申告にすると、申告書を出すために税務署に並ばなくてすみますし、平成32年分からは税金の特典もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です