Pocket

滋賀県診断士協会の事業承継研究会で、借地権についての話をさせてもらいます。

中小企業の決算書には、建物はあるけれど土地が無いということがよくあります。社長の土地に会社が建物を建てた場合などです。

これを見過ごしてM&Aの価額を算定したり、株を贈与したりしてしまうと、思わぬ損害を被ってしまうことがあります。

建物には原則、借地権がくっついています。場所によっては借地権の価額が土地の価額の8割にもなります。

そんな借地権の相続評価の仕方などを説明しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です