Pocket

元号がある国も珍しい日本においても、これほど喜ばしい改元はいつ以来のことになるのでしょうか。

新しい時代、令和。

あけましておめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です