Pocket

前バージョン(Ver.0.3)まで「縦長で写真を撮って横に保存する」という変則的な保存法方をとらなければならなかったため、今バージョンでは「縦長で撮って縦に保存」した写真を前提としました。カメラアプリの設定に注意してください。
また、立体写真表示状態で本体の縦横表示切り替えボタンを押して、横表示にすると横長の立体写真、縦表示にすると縦長の立体写真を表示するようにしました。それぞれの状態でFileメニューから保存することが出来ます。縦長も横長も両方保存したい場合のために、Fileメニューに「保存して編集」を追加しました。表示立体写真を保存した後また編集に戻れます。
一度試してみてください。

3 Thoughts on “ほぼ立体写真W Ver.0.4(テストバージョン)”

  • お疲れ様です、テストして見ました、画像を回転させなくてもすぐに立体編集できるのですごく楽になりました。
    画像をアップしようと思ったのですが、どうも保存ができていません。
    どこか別の場所に行ってしまったのか保存に失敗しているのかは分かりませんが…
    終了時に必ずbasic.exeに問題が発生しましたというアラートが出きます、ただ、情報の後出しですみませんがこれは前から出ていましたので、保存と関係ないと思います。

  • 検証ありがとうございます。
    前バージョンでは立体画像は保存されたのでしょうか。
    原因があるとしたらファイル名かなと思うのですが・・・
    201002160803_029.jpgを立体画像で保存すると、以前のバージョンでは201002160803_029.jpg.bmpで保存していたのが今バージョンでは201002160803_029.jpg080522.bmpというファイル名で保存しています。ファイラーでも表示されませんでしょうか。もう少しスマートな名前に変更してみましょうか。(んーでも違うような気がするなぁ(^^ゞ

  • 一つ前のバージョンでも保存に失敗しました。
    ですが0.1(アドエスバージョン)を再インストールしてリネームしたファイルを使ってみたところ保存に成功しました。
    もしかすると、名前なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です