Pocket


本能寺で織田信長を討って豊臣秀吉に討たれた、あの明智光秀が主人公の歴史小説を、ホワイトアウトの真保裕一が書いています。
最近、本屋で平積みになってる文庫本を見てその存在を知り、図書館で単行本を借りて読みました。
歴史上の人物で明智光秀が好きだって人はほとんどいないのではないでしょうか。
信長に重用されていたにもかかわらず、天下統一の直前に逆切れして反逆し、誰にも味方されずにあっという間に秀吉に負けて、最後は山中で野盗にやられてしまう。
阿呆ちゃうかと思う分謎も多い。(っていうか謎だらけ)
何故、信長は本能寺で手薄でいたのか。
何故、光秀は怒られたくらいで根回しもせずに逆切れしたのか。
何故、秀吉はあんなに早く帰ってこれたのか。
何故、家康は逃げ帰ったのか。
そんないろんな疑問を、ミステリー作家真保裕一が見事に解決しています。そうだったのかーと言う感じです。もちろん真実は時の彼方なんですが。
読後、すっかり明智光秀ファンになりました。
——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です