Pocket

事務所のWindows8.1にはOneDriveがついてきた。1台のパソコンだけで使う分にはまったくいらないものなんですが、資料などを作るのに、事務所と自宅をSDカードでやりとりをしている時に「こういう時に使うのか」といまさら気がつきました。
Dropboxやyahooボックスなどのサービスは、昔のパソコン通信のライブラリのようなもので(逆に例えが古すぎてわかりにくい(^^;)、データ更新するには一旦パソコンのハードディスクにダウンロードして更新してからアップロードする必要がありました。
データのバックアップやグループでデータのやりとりをするのに適しています。
対してOneDriveはハードディスクを増設したように、リアルタイムに更新することが出来ますので、USBメモリーのような使い方が出来ます。他人と共有する場合は、ファイルの共有設定を注意する必要がありますが、事務所と自宅で作業する分には何も問題はありません。
ただ、数桁のパスワードだけで公衆にさらすことになりますので、個人情報関係は置いたらあきませんが。
XPは対応していなさそうですがvistaでもいけそうなので、マイクロソフトのページからWindows7,8用っていうのをインストールしてみました。
無事インストールは出来てデスクトップにアイコンが表示されたのですが、「OneDrive に接続するときに問題が発生しました」と表示されて、OneDriveが起動できない。
困った時のネット頼み
OneDrive に接続できず、サインインできなくなった | すぐに忘れる脳みそのためのメモ
http://jutememo.blogspot.jp/2015/02/onedrive.html
IEを起動して、インターネットオプションの [詳細設定] で、SSL3.0 のチェックマークを外して、TLS1.0にチェックマークを入れてから、再度デスクトップのOneDriveアイコンをダブルクリックすると、見事起動することが出来ました。
今では快適にクラウド生活です。
——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です