Pocket

平成29年分の確定申告から、通常の医療費控除とは別にスイッチOTC薬控除(仮名)っていうのが出来るようになりました。私の嫌いな選択特例で、医療費控除かスイッチOTC薬控除か、有利な方を自分で選びなさいというもの。
それぞれの内容はだいたいこんな感じ(ほかにも条件や制限があって正確ではないけど)
医療費控除は、治療のための医療費であれば、病院代であれ市販薬であれ年間支払った額から10万円を引いた金額を所得から控除するというもの(上限190万円)
スイッチOTC薬控除は、一般市販薬購入費のうちスイッチOTC薬購入費年間支払った金額から1万2千円を控除した金額を所得から控除するというもの(上限8万8千円)
年間の医療費が18万8千円以下の人は、どっちが有利かを検討しなければなりません。
ところが、このスイッチOTC薬がわからない。ネット等で検索すればこの市販薬がスイッチOTC薬かどうかは多分わかりそうですが、領収書はもちろんパッケージにさえ書いていません。
どうやって区別して申告するのか?
>確定申告書に添付する書類は、一般用医薬品購入時の金額が明らかにされているレシートか領収書と、(予防接種などの)取組みを行ったことを明らかにする書類(税のしるべ4月11日号)
>一般用医薬品は82種類が適用対象となった(同号)
結局、薬屋さんの領収書があればいいの?スイッチOTC薬であろうがOTC薬であろうが、ドリンク剤であろうがもしかしたら食材であろうが週刊誌であろうが、・・・・
ただ、馬鹿をみても正直者でありたい人にやさしい税法にしてほしい。
——————–
sent from WILLCOM 03

One Thought on “新医療費控除ってなんなんだ”

  • 特定一般用医薬品等購入費につきこれを領収した者のその領収を証する書類(その領収をした金額のうち、特定一般用医薬品等購入費に該当するものの金額が明らかにされているものに限ります。)*平成 28 年分 所得税の改正のあらまし(国税庁)より引用
    そりゃそうでしょうね。でもそうすると、薬局のレジシステムの対応が必要になってくるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です