Pocket

表をスキャナーで読み込んでエクセルで加工するってことをする時、良いOCRソフト(スキャンした画像を文字に変換するソフト)なら表のまま取り込んでくれるかも知れないんですが、複合機のオマケにそこまで期待することは出来ませんので、せいぜいほぼ文字化けしないでテキストとして読み込んでくれたらありがたいと思っています。

テキストファイルはスペースで区切られたcsvファイルとしてエクセルに読み込むのですが、どうしてもセルがずれてしまう行が出来てしまいます。

そうした場合、セルがずれた行については、ずれた分のセルの挿入や削除をしなければなりません。

手順は、

挿入する分のセルを範囲指定→右クリックして出たポップダウンメニューから挿入を選択→右方向にシフトを選択

この作業をセルを挿入したい行に全て行わなければなりません。セルを削除したい行についても同様。たったの3ステップが面倒くさい。

マクロ使いならチョイで作ってしまうんですがそのためにマクロを作るとなると、さらに面倒。

こんな時記録マクロなら簡単に出来てしまいます。

例えば、ctrl+zに「指定した範囲のセルを挿入」を割り当てるなら、

1)挿入する分のセルを範囲指定

2)表示→マクロ(の下の▼)→マクロの記録→ショートカットの指定(z)

3)指定範囲で右クリック→右クリックして出たポップダウンメニューから挿入を選択→右方向にシフトを選択

4)表示→マクロ(の下の▼)→記録終了

これでマクロが完成。挿入したいところでctrl+zとするだけでセルが挿入できます。

慣れてきたら、出来たマクロを加工して、相対座標を指定したりしてより高度なマクロに仕上げていくのも一興。

Sub Macro10

‘ Macro1 Macro

‘ Keyboard Shortcut: Ctrl+z

Selection.Insert Shift:=xlToRight, CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
End Sub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です