Pocket

大津市のジュネーブ構想が今秋、本格始動するって夏頃のニュースにあったようですが、どうなるのでしょう。

まずは駅前通りの歩道を広げるようですが、広げたから人が集まるという論理がよくわからないところです。

写真は、大津の駅前。ある日曜日の朝の写真。絞りを開きっぱなしにして人や車を消したわけではありません。

この駅前通りはJR大津駅から京阪浜大津駅(正式にはびわ湖浜大津駅)あるいは大津港への道になるんですが、京阪に乗り換える人は隣の京都市の山科駅で乗り換えますし、大津港からは観光船が出てるだけでどこかへ続く航路はありません。

人は目的があるから歩くので、歩くから道ができ、港が栄える。もっと人の気持ちを考えて開発をしてもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です