Pocket

人の体を形作る細胞は、分裂と死滅を繰り返しながら再生していき、10年もすればほとんどが入れ替わってしまうと言います。

それならば、私が私たる所以はなんであるかというと、情報そのものではないかと思います。

デオキシリボ核酸に刻まれた先祖からの情報と、生まれてから親や知人や本やテレビから受けた情報が私を形作っている。そして、私の情報を周りの人たちに承継していく。

作家 勝谷誠彦氏が亡くなられました。

勝谷氏の毎朝5千字のメルマガは、私にとって最も沢山の文章を読んだ作家であり、私の一部は勝谷誠彦を承継していると思います。

作家らしい素晴らしい一生でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です