Pocket

どこかの国の大学で始まったインターネットがそろそろと日本にも広がりかけた頃、名機「FM-TOWNS」に苦労してLinuxをインストールして体験したインターネットは衝撃でした。「自分の部屋が世界につながってる」
そんな時、「99人の最終電車」に出会ったと思います。
最終電車に乗りあわせた99人の乗客の、99の話。時間をさかのぼったり経過したり、隣の人に移ったり。これぞハイパーテキスト。
当時はまだ完成していなかったのですがなかなか読めないまま、パソコンを買い替えるたびにしばらくはお気に入りに追加していたのですが、そのうち消えてしまいました。
なんて名前のページだったかもすっかり忘れてしまって、もう一度読みたいなぁと思っていたのですが、物忘れがひどくなると古いことが記憶の表に出てくるのか、先日ふと思い出し、検索して見ると、5年も前に完成していて、今もネットにページが存在していることがわかりました。
井上夢人「99人の最終電車」
http://www.shinchosha.co.jp/99/
またじっくりと読んで見たいと思います。
——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です