Pocket

写真.JPG診断士資格を取得して半年あまり、大阪の診断協会へは入会させてもらって各種研究会に顔を出させてもらっているのですが、本拠である滋賀の診断士協会へは入会手続き出来ずにおりました。
今日は天気もいいので思い立ったら吉日と、大津で途中下車してあるいて15分、琵琶湖のほとりのコラボしが21へ入会手続きに行ってきました。事務の方は気さくな感じで安心しました。これからお世話になります。
協会から歩いて5分のところに義仲寺。木曽義仲、松尾芭蕉ゆかりの寺で両者の墓があります。また、最近はやりの若仲の天井画があることでも有名。
受付で300円の拝観料を支払うと、多分ご住職さんと思われる方に説明してくださいます。だれもいない秋の境内はそれほど大きくはないのですが静かで趣のある雰囲気。
若仲の天井画のお堂は、中には入れないのですが、ライトアップしてあり天井も低く写真も撮ってよいということで、きれいに撮れました。天井画そのものは最新技術を使った複製だそうですが、この庭を通って見上げる天井画はやはりすばらしい。
また、雪が積もった時に立ち寄りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です