あきの香奈「空のきもち」届け始めて10年

あきの香奈さんのコミックス8冊は所有していたのですが、コミックスに載らなかった「空のきもち」の存在を知って数年。読みたくて読みたくて、なんとか入手して読んだときの感動を、同じような人に届けたくて。 ちょうどその頃、あきの […]

名前は知らないけどその辺に生えてる野の草花の画集

父は私と同じ税理士をしているのですが、税理士を始めた55歳の頃から日本画を習い始め、今では父の事務所はほぼアトリエになっています。 そんな父が、書き溜めていた野の草花の水彩画集を出しました。 道端に咲いていても気にかけな […]

一生に一度は、映画館でジブリ三昧したい。

初めて映画館で観たジブリは、トトロと火垂るの墓の二本立て。仕事帰りに一人で映画館に入り、恥ずかしくて上映後もしばらく立てなかった記憶があります。 テレビで何度となく観た風の谷のナウシカはそういえば一度も映画館で観ていない […]

あきの香奈漫画はカラーページも好きでした。

30年前漫画誌に読切漫画を掲載していたあきの香奈の少女漫画が好きで、出版されているコミックスも8冊しっかり持っています。 しかし、コミックスではせっかくの巻頭カラーだったページもモノクロですごく残念に思っているのは、私だ […]

あきの香奈「パパのてがみ」巻頭カラーで

巻頭カラーページを描きたいと思い立ち、SurfaceProにsurfaceペンであきの香奈さんの漫画に色を塗り始めました。道具はpixel。使い方がわからないのと、ソフトが落ちる、ハードが固まるで何度も白紙に戻り、最終的 […]

梅盆栽の植え替えの季節になりました。

世間では4月16日までの確定申告ですが、事務所的にはほぼ一段落したため、週末には梅盆栽の植え替えの予定です。 今朝もゴーストタウンのようなニューヨークがテレビに出ていましたが、彦根はそれ以上に人が少ないように感じますが、 […]

あきの香奈の漫画の載ってる週刊誌を大事に持ってたりします。

残念ながら発売当初に購入したりしたものは廃品回収に出してしまって跡形もないのですが、どこかの誰かが大事に保管されてたものがヤフオクに出てきた時に、資金力にものを言わせて収集してきました。 見る人が見るとすごいお宝ですが、 […]

前夜

大きな会社が倒れていく原因というのは一つではなく色々と複合的になるもんだとは思いますが、社員や顧客から愛想を尽かされたら終わりです。 今日の会見は本当に勉強になる。 夜が明けてでっかい受け皿が出来たら、あっという間。社長 […]

TVアニメ「ピアノの森」最終回を見過ごしてしまいました。

第1シーズンからがんばってみてきたんですが最終回だけ見そびれてしまったのを今頃気がつきました。録画していたもんで。 あんまり残念に感じないのが残念です。原作がすごく良かったのに、映画にしろテレビにしろ、どうしてこうなって […]

読書週間だというのに本が読めていません。

読んだ本の管理をしてくれるアプリで、読後評価5つ星の本が今年に入って1冊もありません。毎年5冊くらいはあるのに。 「本を読んでるくらいなら、」って思ってしまうのは、余裕がない証拠。細切れの時間に漫画なら読めるのに。 お勧 […]

テレビを見てると、全ての答えは白と黒しかないと思い込んでるのかと思います。

番組を作ってる人がそう信じてるのか、視聴者はその程度でなければ理解できないだろうと思っているのかはわかりませんが。 例えば、猪。ダムに迷い込んだ猪は可哀想か可哀想でないか。食べられる猪、鹿、牛、豚は可哀想でないのか。荒ら […]

あきのかな漫画との再会の感動を届けたくて、

あきの香奈という漫画家が昭和から平成の頃活動されて、読切漫画のコミックスを8巻だされました。 その漫画がとにかく好きで、コミックスを擦り切れるほど読んで、時々忘れて引っ越しで無くしたりしながらまた買い揃えて、新刊が出ない […]

若冲の万年筆というだけで飛びついてしまいました。

サライの10月号 本屋で早速買いに来たのは2人目だといわれました。 私と同じように若冲というだけで本能的に買ってしまう人がいるのでしょうか。 赤い万年筆が若冲ぽいかといえば、そうでもありませんし、本文の方にも若冲の特集は […]

「君の膵臓がたべたい」を観て、いくつ知った場所を見つけられるか

昨年公開された映画が、19日の日曜日に地上波で初めて放送されます。小説も良かったけど映画も良かったです。 映画館ではすっかり浸ってしまってそれどころではなかったので、今度はしっかりと滋賀県でのロケシーンを探したいと思いま […]

あきの香奈さんのまんが「パパのてがみ」は是非読んでほしい

あきのかなさんと言うのは、昭和から平成にかけての10年間、デラックスマーガレットと別冊マーガレットに読み切りをかかれていた少女漫画家です。当時青春時代を過ごされた方の中には名前は知らないけど絵を見たら「ああ」と思われる方 […]